ミニチュアのパッカー車

専門業者で中古パッカー車を購入してみよう

除草作業中

そもそもパッカー車とは、ゴミ収集車のことを言います。このパッカー車を中古で買う前に気を付けるポイントがあります。パッカー車には3つのタイプがあって、それぞれ目的、用途に応じたタイプを選ぶべきです。1つ目は、一般的に見られる「巻き込み式」と呼ばれるものです。ゴミを入れるゲートに回転板を設け、それが回転してゴミを巻き込み内部で圧縮し、貯蔵スペースにゴミを送り込んでいく仕組みになっているものです。2つ目は、「プレス式」と呼ばれるものです。こちらは、貯蔵タンクの全部と底部で2段階に分けてゴミを圧縮する高いプレス能力を持っています。その圧縮力は木製家具や小型冷蔵庫までも破砕してしまうほど強力です。3つ目は、「ロータリー式」と呼ばれるものです。旧型の処理方式であり、現在は主流ではありませんがこれは荷台内部に設けられた円形ドラムにより、ゴミを巻き込んで圧縮、貯蔵していくタイプになります。このような中古パッカー車を購入するにあたって落とし穴が1つあります。それは走行距離です。パッカー車は乗用車と比べてエンジンから動力の供給を受けてゴミ処理を行います。そのため、エンジンにかなりの負担がかかっています。
中古パッカー車は購入する場合は、走行距離に気をつけて専門業者で購入することをオススメします。